「源頼朝」~鎌倉幕府初代将軍・武家政権の創設~

源頼朝の肖像画

「源頼朝(みなもとの よりとも)」は、鎌倉幕府の初代征夷大将軍。

久安3年(1147年)4月8日父「源義朝」、母「由良御前」の3男として、現在の愛知県である、尾張国熱田で生まれました。
幼名は「鬼武者」、「鬼武丸」。

目次

生涯

祖先は「清和天皇」の孫で臣籍降下した「源経基」と言われています。
他には前九年の役で活躍した「源頼義」、後三年の役の「源義家」、祖父の「源為義」などがいます。

父「源義朝」は、保元元年(1156年)の「保元の乱」において「後白河天皇」について「平清盛」らと共闘しました。
「崇徳上皇」の見方をした父「源為義」ら一族の自身の手柄と引き換えに願うが許されなかったため、父兄弟を処刑しています。

保元3年(1158年)になると、頼朝は「皇后宮権少進」、平治元年(1159年)以降には「上西門院蔵人」、「右近衛将監」などの役職を任命され、兄の「源義平」や次兄「源朝長」より早い昇進を果たしていることから、二人の兄よりも頼朝が嫡男、後継ぎとして扱われていたのではないかとされています。

平治の乱

平治元年(1159年)12月9日、父「源義朝」は「後白河上皇」と「二条天皇」を内裏に捕えましたが、26日になると上皇と天皇はともに内裏から逃れています。
27日、上皇が逃げたことから官軍となった「平清盛」らが攻め寄せ、立場が逆転し賊軍となった「源義朝」達は京から東国へと落ち延びました。

永暦元年(1160年)になると、頼朝は近江国で捕縛され京都へ送られ、処刑されそうになりますが。「平清盛」の継母だった「池禅尼」の訴えにより処刑を免れています。「後白河院」や「上西門院」の口添えもあったとする説もあります。

3月11日に頼朝は伊豆国へと流されます。

父「源義朝」は長田忠致に尾張にて謀殺され、長男「源義平」は処刑、次兄「源朝長」は平治の乱での戦闘により負傷したことにより亡くなっています。

伊豆の流人時代

頼朝が伊豆国で過ごした時代の記録はあまり残されていませんが、この時期のちに頼朝の後ろ盾となる「北条時政」やその子らである「北条義時」や妻となる「北条政子」などと出会っています。

伊豆での流人時代には、「安達盛長」、「河越重頼」、「伊東祐清」が頼朝を支えた他、源氏に味方し所領を失った「佐々木定綱」らが付き従ったとされます。

伊豆国の「箱根権現」などに深く帰依していたようです。乳母の甥「三善康信」から随時、京都周辺の情報収集は欠かしていなかったとされています。

この時代に「北条時政」の娘「北条政子」と結婚し「大姫」が生まれています。

平氏討伐への挙兵

治承4年(1180年)、「後白河法皇」の子「以仁王」による平家追討の令旨が発布されると、伊豆国に流されていた頼朝の元へも叔父「源行家」より令旨が届けられています。

「以仁王」は「源頼政」とともに兵士と戦い戦死しています。この時、頼朝は動かずにいました。

平氏による源氏追討の令旨が出されると、頼朝は挙兵を決意し、坂東武者たちへ協力を呼びかけました。
平氏の政権になり、所領の配分や処遇を巡って不満のあった豪族達から協力が得られる状況があったようです。

初戦は伊豆国の「山木兼隆」討伐を計画していました。
治承4年(1180年)8月17日、頼朝の命で「北条時政」らが「山木兼隆」を韮山において襲撃し討ち取ったとされます。

伊豆国を平定すると、頼朝は相模国へと向かっています。

合流予定の三浦一族が大雨により増水した酒匂川で立ち往生している間に、大きな敗戦として知られる「石橋山の戦い」が発生しています。

頼朝は「大庭景親」、「伊東祐親」らと戦闘となり敗北し、「土肥実平」らとともに山中へ逃げ延びます。
なんとか逃げ切った頼朝は安房国(千葉県)へと脱出ています。

関東において

治承4年(1180年)8月29日、安房国に降り立った頼朝は、安房国の豪族「上総広常」と「千葉常胤」の協力を得ました。

武蔵国では「足立遠元」、「葛西清重」の協力を仰ぎ、「葛西清重」の働きかけによって「畠山重忠」、「河越重頼」、「江戸重長」などが頼朝の陣営に加わっています。

10月に入り、父「源義朝」や兄「源義平」の住居があった鎌倉へ入りました。

鎌倉五山第3位である「寿福寺」の周辺に父、義朝の館があったとされています。

頼朝らの挙兵に対し平氏は、「平維盛」らを追討使として差し向けました。頼朝はこれに対し、10月に鎌倉を立ち、豪族を制圧しながら黄瀬川に陣を敷きました。

10月20日、甲斐国より「鉢田の戦い」に勝利した「武田信義」らと共に「富士川の戦い」で平氏の軍勢を討ち破ります。

「富士川の戦い」に勝利した頼朝軍は常陸国の佐竹氏討伐へ向かっています。
この頃、「藤原秀衡」を頼っていた異母弟の「源義経」が奥州より馳せ参じています。

この頃「大庭景親」を処刑しています。
「佐竹秀義」討伐のため常陸国へ向かい、「上総広常」が活躍し、「佐竹秀義」は逃げ延びています。(金砂城の戦い)

鎌倉へ帰還した頼朝は「和田義盛」を侍所の別当に抜擢、侍所は後の鎌倉幕府における軍事と警察の権限を持つ役職となって行きました。

治承4年(1180年)末ころには、全国的に平氏への挙兵が相次ぎ、養和元年(1181年)2月4日、「平清盛」が熱病で亡くなっています。

京都で「平清盛」が亡くなると、「源義仲」が活躍し始めます。このころ「源義仲」は信濃や上野、越後を勢力下におき力を蓄えており、「武田信義」などの甲斐源氏は甲斐、信濃、駿河、遠江を勢力下に置いていました。

このころ頼朝は北坂東の豪族と争った形跡が「吾妻鏡」に記載されていることから、坂東全てが頼朝に協力的であったわけではないことが見受けられます。
奥州の藤原氏などは平氏、源氏のどちらに加担するでもなく、中立の立場を崩しませんでした。

養和元年(1181年)7月頃、頼朝は平家と和睦を試みていますが、平氏の頭領となった「平宗盛」は先に亡くなった「平清盛」の遺言に従い。和睦を拒否しています。

各地で戦闘が行われる中、寿永元年(1182年)に発生した「養和の飢饉」により平氏と源氏の戦闘は一旦小休止に入っています。
養和元年(1181年)8月になると後の鎌倉幕府第2代将軍「源頼家」が生まれています。

寿永2年(1183年)に入ると、坂東の豪族を討ち破り従え、坂東で頼朝に敵対する者はいなくなっていました。

頼朝は朝廷の賞罰の形式とは違う独自の形式を採用し、「本領安堵」「新恩給付」という豪族たちの希望に沿った制度だったため、支持を受けることに成功していたようです。

源義仲(木曾義仲)と争う

寿永2年(1183年)「源義仲」が、頼朝と対立する叔父「源義広」、「源行家」を保護したことから、頼朝と義仲は触発寸前の事態となりました。

争いを避けるため、義仲の嫡子「源義高」を頼朝の長女「大姫」の婿として鎌倉に送り和議が結ばれています。

「源義仲」は破竹の勢いで連勝し平氏を追い詰め、7月に平氏一門を京都から追い払っています。

京都に入った義仲は、「後白河法皇」から平氏追討の命令をうけます。

義仲の軍勢が京都に入ったことで、飢饉よる都の食糧事情が劣悪なものになり、皇位継承への介入などにより朝廷や貴族から反感を買ったとされます。

これにより頼朝の上洛が期待されると、「後白河法皇」は「源義仲」に平氏追討のため西方へ向かわせた隙に、頼朝に上洛を促しています。

10月7日、頼朝は、奥州藤原氏などに背後を襲われることなどを理由に要請を断っています。

この頃朝廷は頼朝に対し、東海道と東山道の年貢、官物を頼朝が進上すること、頼朝の命に従うよう指示を出しています。

頼朝は既に東海道などを制圧していましたが、これにより朝廷から支配権を正式に認めさせた形になりました。
これにより朝廷に「反乱軍」とされていた頼朝軍は、朝廷に認められた勢力となりました。

この頃を頼朝の挙兵時代から付き従っていた「上総広常」が頼朝の命令で「梶原景時」に誅殺されています。
東国の自立を主張していたため誅殺されたと言われています。

10月15日、「源義仲」は「後白河法皇」に頼朝追討の命を出すよう働きかけますが断られています。

11月入ると「源義経」率いる軍が京都へ接近し、平氏と義経軍の間に立たされた義仲は、「後白河法皇」を拘束し頼朝追討の宣旨を強制的に出させました。

寿永3年(1184年)に入ると頼朝は「征東大将軍」に任ぜらています。この頃、頼朝の弟たち「源範頼」と「源義経」は数万の大軍を率いて上洛し、「源義仲」は粟津の戦いで討ち取られています。

義仲の子「源義高」は処刑されそうになっており、妻となった頼朝の娘「大姫」は義高を逃がすためこれを伝えたとされます。

「源義高」は鎌倉から脱出を図りますが、頼朝は追手を差し向けると、武蔵国入間川原で「源義高」を討ち取っています。
これの処遇を「大姫」の母「北条政子」は激怒したとされ、義高を討った家人を梟首したと言います。

またこの頃、頼朝と同格とされていた甲斐源氏の一族を家人とし、従えることに成功しています。

西国における平氏との戦い

「源義仲」を討伐した後、頼朝の弟「源範頼」と「源義経」の両名は、摂津などの地域を制圧した後、西国へ出陣して行きます。

この頃、頼朝は「源義経」を代官として京に留め、畿内を掌握し、九州や四国の武士に平氏追討の要請を行っています。

「源範頼」が総大将となり、平家追討軍が鎌倉から出陣しました。「北条義時」「足利義兼」、「千葉常胤」、「三浦義澄」、「結城朝光」、「比企能員」、「和田義盛」、「天野遠景」らが従軍したと言います。

文治元年(1185年)に入り、平家追討の総大将「源範頼」から物資補給の要請が届いたほか、長期の遠征で関東への帰還を望む武士たちの声も増えていたとされます。

このような状況に「源義経」は「後白河法皇」に西国出陣の許可を得て、讃岐国屋島に向けて出陣しています。
義経は「屋島の戦い」に勝利し平氏を追い落としました。

九州の武士の協力を得て、兵糧と船を得た「源範頼」は、周防国から豊後国へと渡ると、元暦2年、寿永4年(1185年)3月24日「壇ノ浦の戦い」で平家を滅亡させ、「平宗盛」らを捕縛しました。

平氏追討の功に対し、「後白河法皇」は4月27日、頼朝に従二位を授けています。

義経との争い

文治元年(1185年)4月、平家追討で侍所所司として「源義経」の補佐をしていた「梶原景時」から、書状が届けられ、 4月15日、頼朝の許可なく朝廷から任官を受けることを禁じていたにもかかわらず、朝廷からの任官を受けた坂東武士たちへ東国への帰還を禁じました。しかし、弟の「源義経」には咎めを与えなかったとされます。

しかし、「梶原景時」報告だけでなく、様々な義経による越権行為が報告されたとされ、同年5月になると御家人達に対し、義経命に従うなと指示が出されます。

義経は「平宗盛」父子を引き連れ、相模国に凱旋しましたが、頼朝は鎌倉入りを許さず、「平宗盛」父子のみを引き渡すよう要求しました。

義経は腰越に留まっていたとされ、頼朝に対し許しを請う「腰越状」を送るが、義経を鎌倉に入れず、6月9日「平宗盛」父子と「平重衡」を伴わせ帰洛を命じています。
義経は頼朝を深く恨んだとされ、不満を耳にした頼朝は、義経の所領を全て没収しました。

その後、叔父「源行家」の追討を「佐々木定綱」に命じ、9月、義経の挙動を調査するため「梶原景季」を京都へ派遣しました。
この時、義経は叔父「源行家」追討の要請を、病であること、同じ源氏であることを理由に断っています。

10月に入り、鎌倉に戻った「梶原景季」から報告を受けると、義経を誅するべく家人の「土佐坊昌俊」を京に送っています。
これに対し、義経は「後白河法皇」に頼朝追討の宣旨を求めています。
10月17日、義経を「土佐坊昌俊」らが襲撃するも。義経と行家の共闘により撃退されています。

義経は頼朝から命を狙われていることを確かめると、頼朝追討の宣旨を求め、これに対し「後白河法皇」は義経に宣旨を下しました。

10月24日、頼朝は父「源義朝」を弔うため「勝長寿院」落成供養を行っています。
同日、頼朝追討宣旨に対し、上洛の命を御家人たちに出したが、その時鎌倉に集まっていたほとんどの者がこれに応じなかったといいます。

頼朝は自ら出陣し、11月1日に駿河国黄瀬川に着陣しています。京都の義経は兵を集めることができず、11月3日に郎党や行家と共に戦わずして京を落ちていきました。
この時、妾の「静御前」が吉野山で捕らえられています。

義経が京を去ると、朝廷は頼朝をおそれ、「源義経」と「源行家」の追討の宣旨を出しています。
この頃、今後の処遇を悩む頼朝に対し「守護・地頭」が「大江広元」の助言により設置されています。

頼朝の意を受けた「北条時政」上洛し、頼朝の怒りを院に朝廷に告げると、 「吉田経房」を通じ義経らの追捕のためとして「守護・地頭」を各地へ設置することを認めさせています。

文治2年(1186年)5月、和泉国に潜んでいた叔父「源行家」を討ち取っています。
その後は、義経を匿う者へ圧力をかけ続け、義経の腹心の郎党たちを発見すると誅殺しました。

頼朝の圧力に屈した朝廷にも見捨てられ、行き場を失った義経は、奥州に逃れ「藤原秀衡」に助けを求め、このころ頼朝は、戦火に焼けた京都の「東大寺」再建工事などを行っています。

義経追討と奥州征伐

平家を滅ぼした頼朝は、奥州藤原氏に狙いを付けました。

文治2年(1186年)4月、「藤原秀衡」に対し、奥州から都に献上する年貢を頼朝が取り次ぐ旨を伝え、「藤原秀衡」もこれに応じています。

文治3年(1187年)10月に「藤原秀衡」が亡くなり、文治4年(1188年)2月に「源義経」が奥州で匿われていることが判明すると、頼朝は「藤原秀衡」の子「藤原泰衡」たちに義経追討の宣旨を出すよう朝廷に要請しています。

これにより朝廷が、「藤原泰衡」などに対し、義経追討宣旨を発すると、文治5年(1189年)4月30日、「藤原泰衡」は衣川館に住む「源義経」を襲撃して自害させています。

奥州より義経の首が鎌倉に送られると、「和田義盛」と「梶原景時」が首実検したといいます。

25日、頼朝は奥州征伐の許可を朝廷に求めるも許可されず、しかし7月19日、朝廷の許可を待たず、軍を引き連れて「藤原泰衡」討伐に赴いています(奥州合戦)。


8月8日、「石那坂の戦い」(現在の福島市飯坂)「佐藤基治」(義経に付き従った、佐藤継信・佐藤忠信の父)を打ち破り、「阿津賀志山の戦い」において「藤原国衡」の奥州軍を破った頼朝は、「藤原泰衡」を追い北上しました。

22日には藤原家の拠点「平泉」を制圧し、26日になると、頼朝に対し許しを請う「藤原泰衡」の書状が届けられましたが、頼朝はこれを無視し、9月2日には岩井郡厨河(現在の盛岡市厨川)へ攻め込んでいます。

奥州では「前九年の役」で「源頼義」が「安倍貞任」らを討っており、頼朝は「前九年の役」に倣い、「藤原泰衡」討伐を望んだとされます。

9月3日、「藤原泰衡」は配下の「河田次郎」の裏切りにより討たれ、6日に泰衡の首級が頼朝へ届けられています。
「藤原泰衡」を裏切った「河田次郎」は斬首され、「前九年の役」で祖先の「源頼義」が「安倍貞任」の首を晒したことに倣って「藤原泰衡」の首を晒したといいます。

12日~19日まで賞罰や奥州藤原氏の建立した「中尊寺」、「毛越寺」、「宇治平等院」を模した「無量光院」の寺領安堵の処理などを行っています。

鎌倉に帰還した頼朝は、後に中尊寺境内を模した「永福寺」を建立しています。現在は「永福寺跡」の史跡が残っています。

奥州合戦は、先の戦いで平氏についた武士たちの挽回の機会にもされており、全国の武士が参加したといいます。
「前九年の役」における「源頼義」を真似ることで、武士たちとの主従関係を強化する狙いもあったとされています。

この奥州合戦をもって、日本国内の内戦が終結して行きます。

征夷大将軍任命

文治5年(1189年)奥州では、「大河兼任の乱」が発生、「足利義兼」や「千葉胤正」らの活躍によって、文治6年(1190年)3月に「大河兼任」は討伐されました。その後、「伊沢家景」を奥州への備えに任命し、支配を強化しています。

建久元年(1190年)10月3日、頼朝は上洛を決意し、11月7日京都に入りました。

9日、「後白河法皇」に拝謁し、長時間余人を交えず会談した。頼朝は権大納言、右近衛大将に任じられたが、12月3日に両官を辞任しています。

11月9日の夜、頼朝は「九条兼実」と政治への協力体制を築くなど、40日間という短い京都への滞在中に「後白河法皇」との対面は8回を超えたとされ、今後の朝廷との関係構築に努めました。

「守護地頭」の制度もより強化するなどした頼朝は29日に鎌倉に帰還しています。

建久2年(1191年)3月4日の夜、鎌倉は大規模な火災に見舞われました。
この火災により、大蔵幕府など広い範囲が消失し、頼朝は現在の「甘縄神明社」の近く「安達盛長」の邸宅に逃れて無事であったとされています。
この火災により鎌倉の街づくりは大幅に変更を余儀なくされています。

建久3年(1192年)3月、「後白河法皇」が崩御し、同年7月12日、新たに即位した「後鳥羽天皇」によって頼朝は「征夷大将軍」に任ぜられています。

晩年

建久4年(1193年)5月、御家人を集め駿河国で「富士の巻狩り」を執り行いました。

16日、この巻狩において12歳の頼家が初めて鹿を射止め、頼朝はこれを喜びましたが、妻の「北条政子」は武士なら当たり前であるとつれない反応でした。

28日夜、御家人の「工藤祐経」が「曾我兄弟」の仇討ちに遭い討たれる事件が発生し、これにより周囲は騒然とし、頼朝が討たれたとの誤報が鎌倉に伝わったとされ、頼朝の弟「源範頼」は「北条政子」に対し「範頼左て候へば御代は何事か候べきと」と慰めたといわれています。

この発言によって範頼は謀反の疑いを掛けられ、8月2日、頼朝に謀反を否定する起請文を提出するも、「源」の氏名を使ったことにより頼朝をさらに激怒させたとされます。

頼朝の寝所へ間者を送り込んでいたことがばれるなどし、「源範頼」は伊豆へ流されました。

建久5年(1194年)、甲斐源氏の「安田義定」を誅し、建久6年(1195年)3月には、摂津国の「住吉大社」で幕府御家人を集めて流鏑馬を行うなど、地方支配の強化を目指している。

建久6年(1195年)2月、頼朝は京都の「東大寺」再建供養に出席するため、妻「北条政子」嫡男「源頼家」、娘の「大姫」ら一家を伴い上洛しました。

長女「大姫」を「後鳥羽天皇」の妃にすべく、「土御門通親」や「丹後局」と接触し、大量の贈り物や莫大な荘園の安堵などして、朝廷工作を図りましたが、建久8年(1197年)7月、「大姫」の死により「後鳥羽天皇」との婚約は失敗に終わりました。

建久9年(1198年)正月、「後鳥羽天皇」は「土御門天皇」に譲位して上皇となり、「土御門通親」は天皇の外戚として権力を強めました。

頼朝は朝廷への架け橋となっていた「一条能保」と子の「一条高能」が相次いで病死したため、「九条兼実」に書状を送り再度の提携を申し入れています。

次女「三幡」の入内を目指し、「三幡」は女御の宣旨を受けることに成功します。

建久9年(1198年)12月27日、頼朝は相模川で催された橋供養からの帰路で体調を崩したと言います。
死因として有名な落馬は、事実かどうか定かではないとされています。

建久10年(1199年)1月11日に出家した頼朝は、1月13日に53歳で亡くなっています。

「鶴岡八幡宮」近くの「白旗神社」の丘の上に「源頼朝の墓」が残されています。

頼朝とゆかりのある鎌倉史跡

言わずと知れた鎌倉観光の定番スポット!「若宮大路」の桜並木を通っていくも良し、隣を並走する「小町通り」で買い食いやお土産を見て回るのも楽しい、鎌倉ビギナーも楽しめる歴史スポットです!

歴史的には、頼朝の子「源実朝」暗殺など数々の歴史の中心となった場所でもあります。

鎌倉「銭洗弁天」は、頼朝が、1185年に霊夢を見たことが創建のきっかけだそうです。(蛇年、蛇月、蛇の日に夢をみたらしいです・・・ほんまかいな!でも凄い!)

その夢の教えに従い現在の「銭洗弁天」の場所で、岩壁に湧く銭洗水を見つけました。そこに洞窟を掘って宇賀神(うがじん)をおまつりし創建したと言われています。

あるとき、頼朝の夢に「佐助稲荷」の神様が現れたとのこと。(頼朝はん夢見がちやな・・・)頼朝の若い時の名前は兵衛佐と言いました。

鎌倉幕府を開いた頼朝は神社を再興し、その周辺地を寄進したとされ、若き日の佐殿を神様が助けたことから「佐助稲荷神社」と呼ばれるようになったそうです。

頼朝が「征夷大将軍」となり権力を握り「鎌倉幕府」を開いたことから別名「出世稲荷」とも呼ばれています。(出世間違いなし!)

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる