鎌倉幕府初代連署「北条時房」

北条家家紋 ミツウロコ

「北条時房(ほうじょうときふさ)」は鎌倉幕府初代連署を務めた人物です。

父親は「北条時政」、兄弟姉妹に「源頼朝」の妻となった「北条政子」や第2代執権「北条義時」、義時の兄「北条宗時」がいます。

目次

生涯

文治5年(1189年)、有力御家人の「三浦義連」を烏帽子親として元服し、「北条時連(ときつら)」と名乗っています。

この年、欧州の藤原氏を討伐するため「奥州合戦」に参加しています。

建久10年(1199年)に「源頼朝」が亡くなると、嫡男の「源頼家」が第二代将軍となり、蹴鞠に堪能なことから側近として随従する。

頼家が重用した「比企能員」の息子達とも気脈を通じていたが、北条氏一門のためのスパイ活動をしていたとも考えられています。

建仁2年(1202年)に時房と改名。時連から時房に改名した経緯について、「平知康」から「時連」の「連」は銭の単位を意味する「貫」を連想させることから、印象が良くなく縁起が悪いと耳にした頼家から改名を提言されたという話が伝わっています。

建仁3年(1203年)の「比企能員の変」が発生し頼家は伊豆に流されましたが、頼家と近かった時房はこれに連座せず北条氏の重鎮となっていきます。

本久2年(1205年)に起きた「畠山重忠の乱」では兄「北条義時」と共に重忠討伐に反対したが、父「北条時政」の命により大将軍の任を受け出陣する。

牧の方事件で時政が失脚すると、遠江守、駿河守、武蔵守などに任命されています。。兄、義時は相模守となり、武蔵国、相模国を北条家が掌握していきました。

建暦3年(1213年)の「和田義盛」が討伐された「和田合戦」にも従軍し、若宮大路で奮戦した功績を認められると、上総国飯富の荘園を与えられています。

建保7年(1219年)になり「源実朝」が暗殺された後、京都へ上洛すると、朝廷と交渉し皇族を将軍に迎えられないことがわかると、鎌倉幕府第4代将軍となる「三寅(藤原頼経)」を連れて鎌倉へ帰還しています。

承久3年(1221年)の「承久の乱」では、「北条泰時」とともに東海道を京へ向け攻め上りました。

泰時とともに京都に留まり、六波羅探題南方の初代となっています。

元仁元年(1224年)、兄「北条義時」が亡くなると、鎌倉へ帰還した第3代執権「北条泰時」の命により泰時を補佐すべく鎌倉に戻ると、鎌倉幕府初代連署となっています。

「吾妻鏡」の記載によれば、「北条政子」の屋敷において、重鎮の「大江広元」が同席する中、泰時と時房が「軍営御後見」に任じられたとされます。この時が執権就任ともみる説もあるようです。

このとき、泰時と時房の間でどちらが政治を主導するか争いがあったとされ、翌元仁2年(1225年)の初めに京都へ一旦戻っています。
しかし、この年重鎮の「大江広元」、尼将軍と呼ばれた「北条政子」が相次いで亡くなったことにより、鎌倉舞い戻り泰時の幕政を補佐しています。

延応2年(1240年)に66歳で亡くなっています。時房が亡くなると連署は1247年に甥「北条重時」が就任するまで空席となりました。

容姿端麗の美男子だったそうで、第2代将軍「源頼家」、第3代将軍「源実朝」の和歌や蹴鞠の相手をつとめたと言います。

京都に上洛した際、この蹴鞠の技で「後鳥羽上皇」に気に入られ垂らしこんだようです。
この京都での経験が六波羅探題時代に活かされたそうです。

執権「北条泰時」との関係

第3代執権だった「北条泰時」とは強力なタッグを組んで幕政を主導したようですが、いつでも関係が良好だったわけではなくて、協調しつつもぶつかり合う場面も多かったのではないかと言われています。

二人の関係をあらわすエピソードとしては、嘉禄元年(1225年)12月20日に泰時によって「宇都宮辻子御所」への幕府の遷宮が行われると、翌日の評定で、今後の賞罰はすべて、泰時自身が行う旨を宣言しました。

これに対し、23日に時房は病気を理由に、29日に行われた第4代将軍となる「藤原頼経」の元服を欠席しました。

これは病気を理由に儀式を欠席することによって泰時への無言の反対を表明していたのだともいわれます。。

時房が亡くなると、泰時が六波羅探題を務める時房の長男「北条時盛(後の佐介家)」の役職を解任し、泰時の娘婿である「北条朝直(後の大仏家)」を後任にすることにより、時房流の子孫を分離させ、得宗家の安定化を図ってとされます。

この他、泰時が病に伏せたとき、時房は同僚と酒盛りを行っていました。この時周囲から「泰時が病のときに、良く酒を飲んでいられるな。」と言われると、時房は「執権の泰時が存命なればこそ、こうして酒も飲めるのだ、泰時が亡くなったら、酒を飲んでいるどころではない。」と語ったと言います。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる