「北条時幸」~兄・光時と宮騒動を起こす~

北条家家紋 ミツウロコ

「北条時幸(ほうじょうときゆき)」は、「北条朝時」の子として生まれました。祖父は鎌倉幕府第2代執権「北条義時」です。

父の朝時が開祖となった、名越流北条氏の一門で「名越時幸(なごえときゆき)」と呼ばれることもあります。

目次

生涯

鎌倉幕府第4代執権「北条経時」が若くして亡くなり、兄「北条光時」らとともに、幕府の第4代将軍を務めた、「藤原頼経」を担ぎ上げ、執権「北条時頼」ら北条得宗家へ叛旗をひるがえしました。

第5代執権「北条時頼」を廃すためと「宮騒動」を起こすが失敗し、兄「北条光時」と共に出家し降伏しています。

時幸は反得宗家のの筆頭勢力だったと言われています。

「吾妻鏡」によれば、降伏した後病気で亡くなったとありますが、「葉黄記」という書物によればその最後は自害であるとされています。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる