「北条時茂」~常盤流北条氏の祖~

北条家家紋 ミツウロコ

「北条時茂(ほうじょうときしげ・ときもち)」は、初代連署を務め、極楽寺流北条氏の祖となった、父「北条重時」と、その正室の妻「平基親」の娘の三男として生まれました。常盤流北条氏の祖であり。六波羅探題北方などを務めた人物です。

目次

生涯

鎌倉幕府第5代執権「北条時頼」によって摂津・若狭守護職に任命されました。
建長6年(1254年)3月には「北条実時」に代わって小侍所別当に任命されています。

建長8年(1256年)6月からは兄弟で、やがて鎌倉幕府第6代執権を務めることになる「北条長時」が評定衆に任じられと、兄に代わり六波羅探題北方に任命され京へ上洛しています。

文永7年(1270年)1月27日に31歳で亡くなっています。14年間に渡って六波羅探題職を務めました。

皮肉にも後年、六波羅探題を滅ぼしたのは曾孫に当たる、室町幕府初代将軍となった「足利尊氏」でした。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる