「日向」~論議第一とされる六老僧の一人~

「日向(にこう)」は生没年1253年3月16日~1314年10月12日、日蓮宗開祖「日蓮」が定めた「六老僧」の一人です。

目次

生涯

安房国(現在の千葉県)の生まれとされ、13歳より「日蓮」に師事し修行を始め弁舌に優れ「論議第一」とされるほどだったとされます。

1276年には「日蓮」の代理として、「日蓮」が学んだ師匠「道善房」の墓前で弔いのため「日蓮」が執筆した「報恩抄」を読み上げる役目を務めるなどしました。

1313年になると「六老僧」の一人「日興」が身延山を去った後、身延山別当についていた「日向」は別当の地位を「日進」に任せると、隠居し62歳で亡くなったと言います。

「日蓮」の死後は「日興」らほかの老僧達と争いがあったとされ、現在でも日向派と日興派の争いの元となっているそうです。

800年近くに渡る争い・・・鎌倉時代から続く「日蓮」の弟子たちの争いの傷は深いようです。

「日向」と関連のある記事はこちら↓↓↓

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる