「富陽庵」~上杉朝宗によって開かれた円覚寺の塔頭~

鎌倉 富陽庵

 「富陽庵(ふようあん)」は、「東岳文昱(とうがくぶんいく)」の塔所で、「寿福寺」「建長寺」「円覚寺」など、鎌倉五山の住持を務めた人物です。

「文殊菩薩」を本尊とし、「上杉朝宗」が開いたお寺だそうです。

ひっそりと佇んでいるお寺で、近隣の方などに少し話を聞けたくらいであまり情報が分かりませんでしたが、静寂に包まれた穏やかな寺院です。

「富陽庵」に近くの史跡スポットはこちら↓↓↓

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる