「安達顕盛」~兄・泰盛らとともに幕政に参加した~

「安達顕盛(あだちあきもり)」は、寛元3年(1245年)「安達義景」の子として生まれ、第8代執権「北条時宗」とともに幕政を運営した「安達泰盛」の異母弟だった人物です。

目次

生涯

兄「安達泰盛」や「安達時盛」と共に幕政に関わり、文永6年(1269年)、25歳で引付衆に就任し、弘安元年(1278年)になると、評定衆に任命されていますが、弘安3年(1280年)2月8日に36歳で亡くなっています。子の「安達宗顕」がその跡を継いでいます。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる