鎌倉最古「杉本寺」へアクセス!苔寺と茅葺き。十一面観音は必見!!!

こんにちは!

今回は神奈川県鎌倉市にある「杉本寺(すぎもとでら)」に行ってきました。

「杉本寺」は鎌倉最古のお寺です。

むした階段や、鎌倉市内でも唯一の茅葺き屋根を用いた建築で有名ございます。

鎌倉駅からは少し離れたところにあるので、歩けば軽い「鎌倉ハイキング」になります。

鎌倉の田舎な景色を眺めながら歩いて来ました。

基本情報、周辺の鎌倉スポットや地図はページ下部↓↓↓に置いておきますね。

「杉本寺」へのアクセス案内付きグーグルマップも設置してありますのでご利用くださいませ!

それでは早速画像とともにお楽しみくださいませ。

鎌倉「杉本寺」へアクセス!「苔寺」への道!!!

鎌倉駅前
JR鎌倉駅に降り立ちました。ここは東口

鎌倉「杉本寺」へのアクセスは、このまま真っ直ぐ正面方向へ歩いていきます。

今回歩いて行く場合の道案内をしていくのですが、JR鎌倉駅東口からバスで向かうこともできます。

その場合はJR鎌倉駅東口発、京急バス5番乗り場で乗車し「杉本観音」下車となります。

鶴岡八幡宮 参道
JR鎌倉駅東口からまっすぐ行くとこの写真のように、鶴岡八幡宮の参道へ出ます。

鶴岡八幡宮へ向かう人たちに交じって参道を歩いていきましょう!

パワースポット「鶴岡八幡宮」庭園やライトアップも見どころです。
鶴岡八幡宮 二の鳥居
参道を行くと鶴岡八幡宮の「三の鳥居」が見えてきます。

この信号を右方向へ進みます。

画像のバスが見えているほうでございます。

国道204号 鎌倉付近
「杉本寺」へのアクセスは、そのまんま道なりに進んでいきます。

ちなみにここは県道204号線であります!

国道204号 宝戒寺
途中「宝戒寺(ほうかいじ)」というお寺の前を通り過ぎます。

まだ見学したことがないので、今度行ってみたいところです。

国道204号
さらに道を行くと「岐れ路(わかれみち?)」という名前そのまんまな交差点にたどり着きます。

このまま画像の右手に進みます。

左へ行くと「鎌倉宮(かまくらぐう)」などがあるエリアへ行くことが出来ます。

国道204号
さきほどの「岐れ路」交差点から只管にまっすぐ歩きます。

このあたりから段々と田舎風な景色になってきます。

「JR鎌倉駅」からここまで、大体15分くらいでしょうか。

国道204号 案内板
鎌倉市内によく見かける案内板。

「杉本寺」へのアクセスは、結構歩くので道があってるかなと不安になります。

しかし、周りをながら歩いていれば所々案内板が立っているので助かります。

国道204号
「鎌倉市立第二小学校」。

この小学校が見えてくればまもなく「杉本寺」へ到着します。

杉本寺
鎌倉「杉本寺」へアクセス完了!!!

ちなみに金沢街道(県道204号)を歩いていくと、進行方向の左側にあります。

写真撮れなかったのですが、向かい側にはバイク屋さん?があります。

鎌倉駅からおよそ2~30分というところです。

杉本寺
鎌倉「杉本寺」の山門の階段にはのぼりが沢山。

天気も良くて最高です!

写真の撮れ具合も良好。嬉しい。

杉本寺
杉本寺山号「大蔵山(だいぞうざん、おおくらやま?)」

しかし、張り札が凄いことになってる。

運慶作「仁王像」

杉本寺
鎌倉時代に活躍したかの有名な仏師(ほとけさまを彫る人)運慶作と言われる杉本寺「仁王像

杉本寺の山門をくぐるとすぐに、目力がかなり強めの仁王像がお出迎えしてくれます。

ホント野暮なんですがちょっとした疑問が湧いてしまいました。

なんかこの仁王像・・・

杉本寺
「杉本寺」の仁王像は乳〇がデカいんですよ。

本当に・・・野暮なこと言ってすみません・・・

胴体だけを見ると「バルタン星人」っぽくないですか???

私の錯覚でしょうか・・・

杉本寺
貼り札禁止の看板。

看板作るくらいだからマジでお怒りなんだと思います。

杉本寺
どうしようもない程の「貼り札」。

天井にもあるからお祭りのときとかに地元の人が張っているんじゃないでしょうか・・・

杉本寺「苔の石段」悠久の時を感じます!!!

杉本寺
杉本寺の見どころの一つである「苔の石段」

柵が設けられているので、ここから杉本寺の本堂へはアクセスできません・・・こちらの左手から迂回して登っていきます。

晴れていたので中々きれいに撮れました。

曇ったりしてると暗い感じになってしまいそう。

この翌日は曇っていたので、運が良いです。

因みにこちらの石段は今では採掘することが禁じられている貴重な「鎌倉石」で作られています!

柔らかい質の「鎌倉石」は水分を含みやすく、苔が成長しやすい環境を作っていくれる石なのだそうです。

財運アップの「大蔵弁財天堂」

杉本寺
「苔の階段」のとなりには「大蔵弁財天堂(おおくらべんざいてんどう)」があります。

「杉本寺」は木々からの木漏れ日が美しい。

杉本寺
お線香を立てられます。

おばあちゃん家を思い出します。

杉本寺
個人的に「杉本寺」は良い感じに写真を撮るのが難しい場所でした。

杉本寺
弁天様。

こちらをお参りすると、大きな蔵が立つほどのご利益に恵まれるそう。

杉本寺
何かが祀られているのか。

だいぶ茂っている感じ。

杉本寺
奥に祠があるようなのですが、一面が池になっていて近づけません。

杉本寺
かわいらしいサイズの鯉がスーッと挨拶しにやってきました。

鯉が動くときに水面に波紋が出来るのが面白くてしばらく見とれてしまいました。

写真で伝わらないのが残念。

杉本寺
山からの湧水なのかすごく綺麗な透き通った水。

杉本寺
ついつい手を浸してみたくなりました。

杉本寺
昔はこの階段を通って杉本寺本堂まで行くことが出来たようです。

現在は損傷が激しくこの左手の階段を通っていきます。

人が通らないおかげで苔がキレイに育ってくれています。

杉本寺
「杉本観音」

夜提灯に明かりが灯ったら雰囲気ありそう。

杉本寺
前を行く女性が「はぁはぁッ!!!」と激しくお疲れでした。

杉本寺
「ヤマトタケル」と思われる石像。

杉本寺
可憐な花も咲いておりました。

杉本寺
頭上には太陽に照らされた「みかん」がありました。

杉本寺本尊「十一面観音立像」

杉本寺
そして階段を上がると鎌倉「杉本寺」本堂へ到着。

本堂内は写真撮影禁止でした。

この日はたまたま本堂内で行事が執り行われていました。

普通に見学できたのでラッキーでした。

本尊である、行基・慈覚・恵心らの作と言われる「十一面観音」が拝見できますので是非その目でお確かめください。

因みにこちらで「杉本寺」の御朱印もいただけます。

ここ鎌倉の「杉本寺」は坂東三十三観音霊場、鎌倉三十三観音霊場の第一番札所です。

本尊十一面杉本観音とご詠歌の御朱印がいだだけますよ。

杉本寺
お手水が・・・杉本寺は神社なのかお寺なのかわからなくなります。

杉本寺
「えんかすい」と読むのでしょうか・・・調べても由来など分かりませんでした。

杉本寺
蛇口が金色です。

杉本寺
杉本寺の本堂側から苔の階段を見下ろしたところ。

日差しがいい感じ。

杉本寺(杉本城)と三浦一族の歴史

杉本寺
杉本寺(すぎもとでら)は、延暦寺で有名な「最澄(さいちょう、空海のライバル?)」が始めた天台宗のお寺です。

鎌倉、坂東三十三観音霊場の第1番札所となっています。

鎌倉で一番古いお寺となっています。

寺の歴史によれば、734年に行基(ぎょうき)による創建で、開山する際に本尊である十一面観音をおまつりしたそうです。

1189年にお寺は火事に見舞われました。

この火事で本尊である十一面観音像は自ら本堂から出て避難し逃げたという伝説があるそうです。

『吾妻鏡』では「大倉観音堂」と呼ばれていた時期もあるそうです。

1189年の火災時には別当である浄台房(じょうだいぼう)が炎の中から観音像を運び出して事なきを得たそうです。

1191年には源頼朝(みなもとのよりとも)が参拝し、修理のためのお金を収めたこともあるそうです。
お寺の山上には昔「杉本城(すぎもとじょう)」がありました。

源頼朝に仕えた三浦義明(みうらよしあき)の息子で あり杉本氏の開祖であった杉本義宗(すぎもとよしむね)が三浦半島から鎌倉へ出て築城したそうです。

源頼朝が伊豆で挙兵すると三浦一族は源氏に味方しました。

源頼朝が石橋山の合戦で大庭景親(おおにわかげちか)に敗北すると、平家の畠山重忠(はたけやましげただ)が進軍してきました。

この畠山軍を三浦氏に対する攻撃と誤解し三浦軍は杉本城内から畠山勢に攻めかかりました。

本来は三浦家と畠山家は婚姻関係があり戦う気はなかったそうですが、三浦家の勘違いから戦闘が起きたそうです。

このとき三浦家は89歳になる三浦義明が少数で城に立てこもり戦死したそうです。(すげぇじいさんだ!!!)

このように「杉本寺」の前身である「杉本城」は軍事拠点拠点として重要な役割を果たしていたそうです。

南北朝時代には鎌倉府執事を務めた斯波家長(しばいえなが)が治めていましたが、南朝方の北畠顕家(きたばたけあきいえ)に攻められ、この寺で自害しています。

五輪塔群と地蔵

杉本寺
杉本城の戦いで亡くなった人たちを供養したと伝えられる石塔群。

ちょっと不気味です。

杉本寺
そのとなりにはお地蔵さんがいます。

こちらはほのぼの。

杉本寺
手前のお地蔵さんだけタイプが違います。

一番古そうです。

白山大権現と熊野大権現

杉本寺
杉本寺の奥には神社もあります。

杉本寺
「白山大権現(しろやまだいごんげん)」と「熊野大権現(くまのだいごんげん)」

「白山大権現」は杉本寺の本尊である十一面観音と関係が深いそうです。

昔はお寺と神社が一体となって祀られている場所が多かったそうで「神仏習合(しんぶつしゅうごう)」と言いました。

そのころには全国にたくさんお祀りされていたそうです。

明治時代に起きた「廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)」などで大分その数を減らしてしまったそうです。

杉本寺
こじんまりしたお堂。

「熊野大権現」は熊野古道で有名な熊野神社の神様ですね。

杉本寺
みかんが供えてある。

境内のみかんかな。

杉本寺
なぞの球状の石がまつってありました。

由来は不明。

杉本寺
風車が刺さっている。

じいさんがよく見ていた「水戸黄門」の「風車の弥七」を思い出しますね。

杉本寺の鐘楼

杉本寺
杉本寺の鐘楼とお地蔵さん。

杉本寺 鐘楼
毎回言ってる気もしますが、「鐘楼(しょうろう)」をとるのは難しい・・・

杉本寺(杉本城址)山頂からの絶景

杉本寺
改めて本堂をパシャリと。

こちらの鎌倉「杉本寺」本堂からさらに山頂へ上がることができますよ!!!

個人的に隠れたナイススポットだと思っています!!!

杉本寺
「杉本寺」山頂への途中には五重塔なんかもあります。

杉本寺
さらに上へ登っていきますよ!!!

元々は杉本寺は杉本城として運用されていた場所なので、定かではありませんが、山頂は本丸として使われていたのでしょう・・・鎌倉時代には本丸とは言わないのかもしれませんが・・・

杉本寺
お寺の住居かな???ここで行き止まりです。

杉本城の跡とか遺跡があるのでしょうか。

杉本寺
「杉本寺」の頂上から見る景色は素晴らしい!!!

杉本寺
山頂から降りてくると結構高いところにあったんだなと感じました。

山門と受付のおじさま・・・山門と人影がなんか好き。

杉本寺
寒いので日差しが暖かくてうれしいですね。

このあとさらに県道204号を奥まで歩いていきました。

それはまた他の記事として書こうと思います。

杉本寺
さよなら「杉本寺」。

とても良い雰囲気の場所だったなぁ。

「杉本寺」基本情報とアクセスマップ

今回訪問した「杉本寺(すぎもとでら)」は鎌倉最古のお寺でした。

最古というだけあって、建物の質感と雰囲気がほかの鎌倉のお寺と全く違って楽しめました。

山門と本堂の「茅葺き屋根」も壮観でした。

そして本堂へ向かう「苔の階段は」日差しとマッチしてとても美しい。目にも優しい(笑)

個人的には境内にある「大蔵弁財天」の湧水で出来た澄んだ池が気に入りました。

凄く静かで鎌倉でも最古の香りが感じられるので是非行ってみてくださいね!!!

その他近くの鎌倉スポットです↓↓↓

パワースポット「鶴岡八幡宮」初詣や結婚式も!

「杉本寺」基本情報

住所 〒248-0002 神奈川県鎌倉市二階堂903

TEL   0467-22-3463

拝観料 大人(中学生以上):200円  小人(小学生まで):100円

拝観時間 8:00~16:30(入山の受付は16:15まで)

駐車場 ありません

交通アクセス

「JR鎌倉駅」から 京急バス5番乗り場「杉本観音」下車 徒歩1分ほど

↓↓↓Googleマップのその他のオプションをクリックすると、ご自身のスマフォ、PCからグーグルマップのナビが使えますよ!!!
(徒歩に設定してありますが、車や自転車で良く設定にも変更できます。)


「杉本寺ホームページ」アクセス地図

sponsored link