池上の慧光山「厳定院」弁財天をまつる日蓮宗の寺院!!!

こんにちは!

今回潜入してきましたのは、池上にある慧光山「厳定院」という日蓮宗のお寺です。

柔らかい印象の落ち着いた雰囲気が良い感じでした!

慧光山「厳定院」日蓮宗「日尊」が建立したお寺


池上の慧光山「厳定院」は日蓮宗では珍しい柔らかめな雰囲気を持つお寺でした。

個人的には日蓮宗のお寺は険しく厳しい、硬い印象を受けるお寺が多いですね。

ちなみに建物の印象のことです・・・いらっしゃるお坊さんなど、人の印象ではございません。

晴れていたのも手伝って、お寺の木の色が明るく美しかった。


池上「厳定院(ごんじょういん)」

表札の書き方がお寺によって違うので面白いです。

お寺の表札ってかなりカッコよくないですか???好きなんだよな・・・


立派な御影石?の池上「厳定院」石碑。


池上「厳定院」では願い叶うお守りが販売されています。

ちょっと見にくいですが、画像の上の方にお守りが写っています。

1つ1000円なり。

池上七福神「弁財天」をまつる「厳定院」の歴史


池上「厳定院」の本堂です。

こちらは池上七福神である「弁財天」をまつっています。

弁才天は、日本の神様である「市杵嶋姫命(いちきしまひめ)」のことを指す場合も多い神様で。

「七福神」の一員として宝船に乗っている姿が有名ですね!?

古くから弁才天を祭っていた社では「市杵嶋姫命」を祭っているところが多いですが「瀬織津姫」をまつっている寺社も多いようです。


はい、来ました!

池上寺巡りの説明板・・・小さめなお寺は歴史を調べるのも大変なのでありがたい!南無三!!!

慧光山厳定院

正応2年(1289)池上本門寺2世日朗聖人の直弟子、厳定院日尊聖人が開創。天文5年(1536)西谷の西之院のとなりにあった成就坊と合併、現在地に堂宇を構えたと伝えられる。成就坊の境内にあった弁財天を池上七福神として石造りの弁天宮にお祀りしている。大正9年(1920)厳定院40世、山田潮栄上人が「子育て鬼子母神」を勧請し、昭和6年(1931)本門寺総門前に別院として池上鬼子母神堂が建立された。

(池上浪士講スタンプラリー 池上の寺めぐりより)


肝心な池上七福神「弁財天」は「厳定院」本堂の脇ひっそりとまつられています。


池上七福神の「弁財天」にお参りすると、日差しが眩しく差していました!

神の加護やあらん!!!

いいことありそうですわ!

池上の慧光山「厳定院」基本情報とGoogleマップ

池上「厳定院」他周辺のお寺への詳細アクセスはこちらの記事を参考に↓↓↓

「池上本門寺」へアクセス!!!絶対わかる!!!

その他、池上「厳定院」周辺スポットはこちら↓↓↓

池上本門寺周辺スポットならこちら!!!

池上「厳定院」基本情報

住所   〒146-0082 東京都大田区池上2丁目10−12

電話   03-3751-6767

拝観料  なし

拝観時間 夕方17時ころまでは開いているようです。

sponsored link