鎌倉「向福寺」~一向俊聖・所縁のお寺~

鎌倉 向福寺

「向福寺」は、踊念仏の「時宗(一向宗)」のお寺で「水道路」交差点近くにあり「鎌倉三十三観音札所第15番」です。

この近辺には大小多くの寺院があり、近くの「啓運寺」など文豪、芸術家が滞在していたお寺などもある場所です。

「時宗」は「一向宗」とも呼ばれ、「一向宗」は鎌倉時代に「一向俊聖(いっこうしゅんしょう)」というお坊さんが立ち上げた宗派です。

「時宗」は藤沢の「遊行寺」を総本山とする「一遍」が興した踊り念仏の宗派で「光触寺」には「一遍」の銅像が建てられています。

江戸時代に元は別々の宗派だった、「時宗」と「一向宗」が統合され「時宗」の名が残りました。

「一向俊聖」は、西御門地区にあるの「来迎寺」や北鎌倉の「光照寺」の開山であるとも伝えられています。

住所神奈川県鎌倉市材木座3-15-13
拝観時間24時間
創建1282年
開山一向俊聖
拝観料なし
宗派時宗(一向宗)
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる