鎌倉「瑞泉寺」「夢窓疎石」による鎌倉時代から残る唯一の庭園

鎌倉時代から残る唯一の「庭園」はとても美しかった!

今回訪問したのは、神奈川県鎌倉市にある「瑞泉寺(ずいせんじ)」です。

鎌倉の山間にある梅と庭園の素晴らしい場所でした。

基本情報と関連スポットはページ下部↓↓↓に置いておきますね。

「瑞泉寺」へのルート案内付きグーグルマップも設置してありますのでご利用くださいませ!

それでは早速ご紹介させてもらいます!

画像と共にお楽しみくださいませ。

鎌倉「瑞泉寺」へのアクセス!鎌倉時代から残る「夢窓疎石」の庭園へ!!!

sponsored link

鎌倉宮 鳥居
ここは「鎌倉宮(かまくらぐう)」です。

ここまでのアクセスは↑↑↑の記事を参考にしてくださいませ。

バスで行く場合は、鎌倉駅東口から京急バス[鎌20・4番]大塔宮行き 大塔宮(鎌倉宮)下車です。

鎌倉宮までバスで来てあとは歩きで10~15分くらいですね。

鎌倉宮 周辺
「鎌倉宮」の鳥居まで来たら右へ曲がっていきましょう!

瑞泉寺への道
ここからは真っ直ぐ道なりに行きます。

結構車が猛スピードで来るので気を付けて!

瑞泉寺 付近
道なりに行くと分かれ道があります。

ここを車が見える右方向へ進みます。

瑞泉寺 付近
あ、猫がいました!

鎌倉では結構ネコを見かけますね。

瑞泉寺 もみじや
「瑞泉寺」への途中にある「もみじや」さん。

灯りがいい感じ。

瑞泉寺 もみじや
瑞泉寺近辺では貴重な食事処です。

瑞泉寺 もみじや
かなり手書き感のある。

瑞泉寺 山門付近
「もみじや」を過ぎると見えてきましたよ!

ここは車一台やっと通れる感じなんですがビュンビュン車が来ます。

お気をつけて!

瑞泉寺 山門付近
「錦屏山瑞泉寺(きんぺいさんずいせんじ)」

瑞泉寺 山門
中々に渋い山門です。

瑞泉寺 山門
間違いなく「瑞泉寺」ですが、入口はもうちょっと先にあります。

瑞泉寺 境内
ここが受付です。

拝観料は200円。

瑞泉寺 境内
私が訪れたときは、おじさまが居眠りしていました。

そんなところもゆったりしていて良いですね(笑)

瑞泉寺 境内
庭園などはここから山を少し登ったところにあります。

このあたりは「梅園」が美しいです。

瑞泉寺 梅
天気にも恵まれ良い写り具合。

瑞泉寺 梅
これは個人的に結構気に入っている一枚です。

ちょっとだけ眩しいかな。

瑞泉寺 石碑
「名勝 瑞泉寺庭園」「史跡 瑞泉寺境内」

瑞泉寺 石碑
鎌倉時代の有名な僧侶の「夢窓疎石(むそうそせき)」の道場があったようです。

瑞泉寺 石段
石段が良い感じ。

赤い手袋が写りこんでしまった。

瑞泉寺 説明版

鎌倉公方(鎌倉府の長)の菩提寺として、鎌倉五山に次ぐ関東十刹に列せられた格式ある寺院です。

山号の錦屏山(きんぺいざん)は、寺を囲む山々の紅葉が錦の屏風のように美しいことから付けられたと言われています。

また境内は、四季を通して様々な花を楽しむことができます。

開山の夢想国師(むそうこくし)は、後醍醐天皇や足利尊氏(あしかがたかうじ)も深く帰依し、鎌倉~南北朝期に禅宗で重きをなした僧です。

作庭にも才を発揮し、昭和四十五年に発掘、復元された仏殿背後の庭園は国司の作として、国の名勝に指定されています。

鎌倉市設置の説明板より

瑞泉寺 石段
階段を上り振り返るとなかなか見ごたえがあります!

瑞泉寺 総門
はぁはぁ・・・

ようやくたどり着いた「瑞泉寺総門」

瑞泉寺 吉田松陰の碑
「総門」の近くには「松陰吉田先生留跡碑」

松陰吉田・・・外人か!?心の中で突っ込むのみ。

高杉晋作とかを指導した松下村塾の「吉田松陰」ですね。

瑞泉寺 手水
ちょろちょろ。

瑞泉寺 境内
やたら石碑や看板が多いな。

瑞泉寺 境内
「死をいとひ 生をもいつそれ 人間のゆれ定まらぬ こころ知るのみ  秀夫」

吉野秀雄(よしのひでお)歌人、高崎生まれ。1903年生~1967年没

瑞泉寺 境内
草餅の 柔らかければ 母恋し

やたら歌が詠まれている「瑞泉寺」

現住職さんも歌人だそうです。

瑞泉寺 境内
総門から写す境内。

門の影から写すのが好きですね。

瑞泉寺 境内
境内から庭園をパシャリ。

このあたりの庭園は昭和45年に埋もれていたものを発掘したそうです。

瑞泉寺 境内
境内の建物も良い感じ。

瑞泉寺 境内
別アングルでパシャッと。

瑞泉寺 境内
建物の向こう側にはなにやら庭園っぽいものがあるけれど・・・立ち入り禁止です。

瑞泉寺 境内
こちらはお寺の玄関。

ここから先はまたもや立ち入り禁止。

瑞泉寺 境内
角度によってさまざまな景色が見られる庭園です。

瑞泉寺 境内
「鎌倉天然記念物 冬桜」

訪問時はまだ咲いていませんでした。

瑞泉寺 鐘楼
ブログを見てくれている方にはおなじみの、キラーンと光るこの感じ。

瑞泉寺 鐘楼
光を入れるのと入れないのでこんなに移り具合に差が出るんですね。

相変わらず「鐘楼(しょうろう)」は撮るのが難しい。

瑞泉寺 境内
「男の顔は履歴書である」んだそうです・・・

なんかすいません・・・

瑞泉寺 境内
「錦屏晩鐘(きんぺいばんしょう)」

やたら石碑があるな。

瑞泉寺 境内
日差しと石のコラボレーションが美しい。

瑞泉寺 地蔵
おやすみなさい。

瑞泉寺 境内
「安国利生塔(あんこくりじょうとう?)」

瑞泉寺 本堂
こちらが推薦時の「本堂」です。

渋い感じでかっこいい!

関東十刹「瑞泉寺」の歴史

sponsored link

瑞泉寺 本堂
ズン!!!って感じですね。

瑞泉寺の歴史

鎌倉幕府に仕えていた二階堂道蘊(にかいどうどううん)が1327年、夢窓疎石(むそうそせき)を招き建立した寺院です。

建設当初は「瑞泉院」と号したそうです。

室町幕府初代将軍である足利尊氏(あしかがたかうじ)の四男で、初代鎌倉公方の足利基氏(あしかがもとうじ)は夢窓疎石に師事し瑞泉院を中興し、寺号を瑞泉寺と改めました。

それ以降瑞泉寺は、鎌倉公方足利家の菩提寺となってきました。

鎌倉五山に次ぐ十刹(じっせつ)の筆頭格となり、夢窓派の拠点として重きをなしたが、公方家4代足利持氏(あしかがもちうじ)による永享の乱で衰亡してしまいました。
瑞泉寺は文学も盛んでありました。

鎌倉時代には五山文学の中心となり、近代では徳川光圀(とくがわみつくに、水戸黄門。)が鎌倉旅行を『新編鎌倉志』として編纂をさせたそうです。

現在の住職は歌人の大下一真さんです。

瑞泉寺 本堂
右 御開山夢窓国師像(ごかいざんむそうこくしぞう)

中央  御本尊釈迦如来(ごほんぞんしゃかにょらいぞう)

左 千手観音(せんじゅかんのん)

瑞泉寺 本堂
本堂内部です。

瑞泉寺 本堂
「御本尊釈迦如来(ごほんぞんしゃかにょらいぞう)」

瑞泉寺 本堂
「千手観音(せんじゅかんのん)」

瑞泉寺 本堂
「御開山夢窓国師像(ごかいざんむそうこくしぞう)」

瑞泉寺 地蔵堂
こちらは「地蔵堂」です。

瑞泉寺 境内
大黒様かな?

ちょっと「人形焼」っぽいですね・・・

瑞泉寺 境内
布袋様ですね。

瑞泉寺 地蔵堂
こちらのお地蔵さまは「どこも苦地蔵(どこもくじぞう)」とよばれているそうです。

昔このお堂が別の場所にあったときに、地蔵堂を管理している者が貧しさにその地から逃げようとしたところ

「どこも苦、どこも苦。」と地蔵が言ったという伝説からそう呼ばれているそうです。

しかし、シュールな名前ですね・・・

瑞泉寺 地蔵堂
開け放しなので、少し荒れているような・・・

瑞泉寺 境内
境内はかなり美しいのですが、あちこちに記念碑みたいのが多すぎる気もします・・・(笑)

「記念植樹 深草の少将」だそうです。

瑞泉寺 境内
椿かな?色が鮮やかです。

瑞泉寺 庭園
こちらは瑞泉寺の石庭です。

岩肌をそのまま生かした庭園ですね。

瑞泉寺 庭園
橋が架かっている。

ていうか岩肌をそのまま利用しているから、険しくてたくましい印象です!

瑞泉寺 庭園
こちらは「天女洞(てんにょどう)」だそうです。

瑞泉寺 庭園
石庭の中は立ち入り禁止なので、全体をうまく撮影するのが困難でした。

難しいけど面白い。

水面に綺麗に岩肌が写っていますね。

瑞泉寺 庭園
岩肌をロッククライミングしたい・・・

瑞泉寺 境内
石庭を堪能し立ち去り際に境内の庭園をパシャリ!

瑞泉寺 境内
あ、なんでしたっけ・・・名前を聞いて忘れてもうた・・・

可憐です。

黄色が美しかった!

瑞泉寺 境内
帰りの石段です。

夜来たらちょっと怖そうですね~

瑞泉寺 境内
少し日が暮れてきました。

山間にあるお寺なので、少し早めの時間に行くと明るくて見学するのも楽しいと思います。

夕方だと大分暗くなっちゃうかもしれません。

瑞泉寺 山門
昔はこの辺りまでお寺の境内があったのでしょうか・・・

これから桜も綺麗だし、紅葉も良さそうまた来たいな。

感想&まとめ「瑞泉寺」基本情報と周辺スポット

sponsored link

鎌倉の山間にある「瑞泉寺」は少し遠めなので訪問するのは初めてでした。

広い境内に、梅園や鎌倉時代から唯一現存する境内の庭園や石庭が見ごたえあります。

鎌倉の山々の自然と一体化しているので空気も良いし、最高のパワースポットだと思いました!

季節によっていろいろな花が楽しめる「花寺」でもあるようなので、また訪問してみようと思います!

「瑞泉寺」周辺の関連スポットです!

鎌倉「永福寺跡」源頼朝が平泉「中尊寺」を再現したお寺跡!

「鎌倉宮」パワースポット、護良親王と村上義光、大塔宮の歴史。

「瑞泉寺」基本情報

住所   〒248-0002 神奈川県鎌倉市二階堂710

電話   0467-22-1191

拝観時間 9時~17時(通年)

拝観料  大人200円 小中学生100円 障害者無料

アクセス 鎌倉駅から京急バス。[鎌20・4番]大塔宮行き 大塔宮下車 徒歩10分

↓↓↓Googleマップのその他のオプションをクリックすると、ご自身のスマフォ、PCからグーグルマップのナビが使えますよ!!!
(徒歩に設定してありますが、車や自転車で良く設定にも変更できます。)

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする