鬱々とした時は、考えを書き出してみる。

こんにちは。

今回書こうと思うのは、「考えを書きだす」という事のおススメです。

またまた独断と偏見に満ち満ちた意見を書くと思いますので、合わない方はどうぞスルーして下さいませ。

それでは、いざ!

「書く」ことはメリットがいっぱい

私は一年位前からこのブログを書いております。

そして、ブログをはじめたら絶対にやることが「考えを書き出す」という行為です。

始めはブログから儲けたいという邪念と、始めたからには・・・などという義務感に駆られてせっせと頻繁に書いていました。

ブロガーと呼ばれる人たちほどには書いてませんが、自分のできる範囲でぼちぼち書いてまいりました。

初めは旅の記事ばかりでしたが、自分が迷走しながら生きてきたので、途中からはその時々に気が付いたことや自分の経験したことなどを書き始めました。

「自分の経験を書いてしんどい人が少しでも抜け出すきっかけになったらいいかな」くらいの軽い気持ちで書いてきたのですが・・・途中で気が付きました。

あれ?書いた後ってなんかすっきりしてるし、あんまり思い出したくない経験を書いたのに自分の中で整理され消化されて言ってるなぁ~なんて思いました。

これは、完全に読んでる人より自分が楽になってるのでは・・・完全に自分が一番スッキリしてるやん・・・と気が付いたのです。

そんなこんなで、もう自分の中では終わった経験ではありますがチラホラとコメントまで頂くこともあり「書く」ことは良いことだらけではないかと思ったのでした。

そして、お勧めしたいのが「鬱々としているとき」「頭が考え事でいっぱいな時」逆に「良かったこと」「嬉しくて狂喜乱舞」しているときにも是非書くことはおススメです。

まぁ今回は「嬉しい時」などのことは置いておいて、「鬱々としているとき」の経験を思い出して書いてみます。

sponsored link

「書く」ってなんなの???頭の中で何が起きているのか!?

↑のお題に書きましたが、私の経験上「書く」ことにより頭が整理されスッキリとフラットなニュートラルに戻ることが出来るようです。

すでに頭の切れる優秀な方は私の話を聞いてもしょうがないので、華麗にスルーしてくださいませ。何卒よしなに・・・

しかし、昔の私のごとく「人生終った」「良いことなんて何もない」状態に突入している方には実践していただければ面白いかも知れません。

まず悩んでいるときに自身がどういう状態になってるのか・・・

すごくアバウトな説明にいたしますと、その時あたまで起きていることは「便秘」です。

何度も言いますが、ご自身で勉強されている方にはしょうもない内容なのですが・・・

「考え事で頭がいっぱい」=「便秘」と同じと言うことです。

「脳内」が余計な「思考」で溢れかえった状態と言いますか・・・

「便秘」の時にトイレに行けばおなかがすっきり爽快なわけでして・・・

「鬱々」としたときに「書き出す」と脳内や気持ちがスッキリするわけでございます。

「便秘」はすっきりしたくても、必ずすっきりできるか分かりません。

しかし!書くことはいつでもできる訳でして・・・「便秘」よりはるかにマシで簡単に解消できると思います。

「便秘」も「鬱々」も根本原因を取り除くのが一番大切とは思います。

実際腸内環境と脳は大分関係が深いようでして・・・というのは置いといて・・・

そうしてスッキリした状態は、お腹が頭が「空っぽ」の状態というわけです。

必ずとは言えなくとも「空っぽ」だと「食べ物は美味しく」「考えても気楽」である可能性が高いと思います。

このあたりは何となくでも経験ある方がほとんどではないでしょうか?

sponsored link

悩んでる時に考えるということは、どんな意味がある!?

私の経験上悩んでいるときというのは、繰り返し「同じ思考」を繰り返している気がいたします。

ほぼ100パーセント「問題だと思っている事」で頭がいっぱいになります。

まず何百回と繰り返し考えて「答え」が出ないということは、もう考えても無駄とは思いませんでしょうか???

しかし、そんなこと言われても悩んでいるときというのは「悩みと一体化」してしまっているので「客観視」することが出来ない気がいたします・・・暴走する思考を停められない状態です。

そこで「書く」ことの登場でございます。

ノートでも捨てる紙切れの一端でもいいので、悩みや苦しみと言ったものを書きなぐってみましょう。

私の場合ですが、紙に書くと結構冷静に観察することが出来て落ち着きます。

そして、「書く」ことをしている間は書く行為に集中するので、その瞬間は問題を問題として捉えていないはずです。

問題というのは意識を与えた瞬間しか成立しないのだと思います。

「思考」を客観視出来る状態に自身を持っていくという点で「瞑想」などと同じことなのかもしれません。

もう少し具体性から離れて抽象的に考えると、「視点」をずらせば問題は問題でなくなるわけでして・・・うーんこれは今度書こうと思っていることで書けたら書いてみます。

sponsored link

「書く」ことのまとめ&感想

このブログも思えばわたくしの「思考」をぶちまけてすっきりするための場所なのかもしれません・・・

使えそうなものがあれば、勝手に拝借してお使いいただければこれ幸いでございます。

この記事もそうなのですが「書く」ときはカッコ付けないと言いますか・・・完璧を求めて書かないことが重要だと思います。

あんまりキッチリ説明通りにやったりすると、嫌になっちゃうので、まずは何でも良いので形は気にせず「書いて」みましょう。

ブログも完璧な文章を書きたいとかやっているといつまでたっても「実践」できないので最近は、ザックリ見直したりして投稿しています。

後で微調整しても良いですし・・・

というわけで今回はこの辺りで・・・ごきげんよう!!!

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして。旅助です。 昔から、何だか色々上手くいかない違和感を感じて生きてまいりました。 旅行読書などから勉強し心が少し軽くなりまして、心の平穏を得つつあります。 ブログを通して、少しでも読んでくれた人の心が軽くなり、書いた情報がお役に立つよう精進してまいります。 よろしくお願いします。