恋愛と出世の神様「佐助稲荷神社」四季折々に美しい鎌倉の穴場スポット

旅はお好きですか?

良い景色や空気、美味しいもの食べて最高ですよね!

今回は神奈川県鎌倉にある出世の神様「佐助稲荷神社(さすけいなりじんじゃ)」を紹介します。

「銭洗弁天(ぜにあらいべんてん)」に近いのですが、結構スルーされてしまう場所ではないかと・・・

静かで四季によって色々な顔を見せてくれるのでおススメです。

「佐助稲荷神社」の基本情報と他の鎌倉スポットはページ下部に置いておきますね↓↓↓

「佐助稲荷」までの案内機能付きグーグルマップも設置してありますのでご利用くださいませ!

それでは写真と一緒にお楽しみくださいませ。

出世したいならお参りするべし!銭洗弁天と一緒にどうぞ。

銭洗弁天から佐助稲荷へ
鎌倉駅から「佐助稲荷」にむかう道は「銭洗弁天」とほぼ同じ道ですが⇒億万長者への道!銭洗弁天とアクセスはこちら!!!

今回は銭洗弁天の裏にある参道から向かいます。

銭洗い弁天裏参道
こんな感じの細い道を道なりに行きます。

佐助稲荷への道
路地を抜けると右手に佐助稲荷が見えてきます。

佐助稲荷の石柱
佐助稲荷のデカい石碑。

佐助稲荷鳥居
京都伏見稲荷の千本鳥居ほどではありませんが、相当な数の鳥居が迫力です!!!

佐助稲荷鳥居
鳥居内をくぐると凄い包まれ感が・・・

鳥居をくぐるときに一礼するといいますが、こういう鳥居だらけの場所はどうしたらいいでしょうか・・・

佐助のお狐様
鳥居を抜けて階段を上がると狛犬ではなく「狛狐???」がお迎えしてくれます。

イチョウのじゅうたん
ちょうど紅葉のタイミングで、イチョウの葉が絨毯のように敷き詰められていました。

イチョウの階段
本堂への階段もイチョウでいっぱい。

美しかった。

狐の置物
あちらこちらに小さな狐の置物がいっぱいあった。

良い感じの場所をパシャリと。

佐助稲荷本堂
階段を上がっていくと本堂がある。

写真が取りにくい位置だった・・・手すりがどうしても入ってしまう。

佐助稲荷寺務所
お守りとかも売ってます。

寺務所前の紅葉がキレイです。

狐の清水
霊狐泉(れいこせん)とあります。

銭洗弁天が近いので同じ源流でしょうか・・・綺麗な水です。

佐助稲荷の清水
お金が結構沈んでる・・・ここもお金を洗うと良いのかしら。

佐助稲荷紅葉
赤黄色みどリとキレイでした。

佐助稲荷の寺務所まえの紅葉
広場の前が特に光も差してきて綺麗だったかな。

佐助稲荷お堂
お堂の中の灯りと場所がマッチしていて良い雰囲気でした。

佐助稲荷の歴史といわれ


佐助稲荷(さすけいなり)神社は1190~1198年ころに創建されたようです。

神社の伝承によると鎌倉幕府初代将軍の源頼朝(みなもとのよりとも)の夢に、佐助稲荷の神様が現れたとのこと。

幕府を開いて頼朝が佐助稲荷神社を再興させ、周辺地を寄進したとされる。

1359年12月11日、鎌倉公方足利基氏(あしかがもとうじ)は凶徒退治のお祈りを「佐介稲荷社別当三位僧都御房(当時の佐助稲荷の神主さん)」に命じたという記録が残っている。

2015年の映画「駆込み女と駆出し男」や「海街diary」の物語の舞台としても登場しました。


感想&まとめ「佐助稲荷神社」基本情報


恋愛運と出世の神様「佐助稲荷神社」は「銭洗弁天」の近くです。

億万長者への道!銭洗弁天とアクセスはこちら!!!

比べると割と人も少なめで空気が澄んでいていい感じです。

「銭洗弁天」でお金の運を上昇させて、「佐助稲荷神社」で恋愛運と出世運を上げれば完璧ですね。

両方お参りしたので、最高の1年になるはずです!!!

とても良い場所なのでみなさんもどうぞ訪ねてみてくださいね!!!


その他鎌倉スポットです!見てみて下さいね!!!

パワースポット「鶴岡八幡宮」初詣や結婚式も!

臨済宗「建長寺」けんちん汁発祥の地!!!鎌倉散歩の旅

限定公開の庭園と明月院

sponsored link

佐助稲荷神社(さすけいなりじんじゃ)基本情報

住所 〒248-0017 神奈川県鎌倉市佐助2-22-12

TEL 0467-22-4711

定休日 無休

拝観料 ありません

駐車場 ありません


交通アクセス

JRまたは江ノ電「鎌倉駅」下車 徒歩20分ほど

↓↓↓Googleマップのその他のオプションをクリックすると、ご自身のスマフォ、PCからグーグルマップのナビが使えますよ!!!
(徒歩に設定してありますが、車や自転車で良く設定にも変更できます。)



sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする