満開の桜が美しい「京亭」の庭園とここだけの絶品「鮎飯」

こんにちは。今回は埼玉県寄居町の絶品アユ料理が味わえる「京亭」を紹介します!!!

四季折々の様子を見せる。良い感じの古民家と庭園がメチャクチャ美しい!

絶品アユ料理の「京亭」の関連リンクは最下部においておきます!あとで参考にしてくださいね。

sponsored link


それでは、早速紹介するよ!!!

絶品の「アユ尽くし」とここでしか味わえない「鮎飯」

京亭入り口
目印の入り口看板。
(出典https://tabelog.com/saitama/A1105/A110605/11000249/)

夜の京亭
部屋の写真がなかったのでお借りしました。
(出典https://tabelog.com/saitama/A1105/A110605/11000249/)

カニのグラタン
最初の方に出てきた「カニのグラタン」。分かり辛いけど石の上に具材を載せて焼いてあるよ!ホクホクで激うま!!!

鮎のうるか
もういっちょ!これは珍しくてここで初めて食べた「うるか」。
アユの塩辛ですな。日本酒と合うよ~塩辛い中にうま味と甘みがあってご飯も進みそう。

アユの炉端焼き 焼きあがった鮎
とうとう来たか!これがうめぇんだ!!!
何度食べてもまた来たくなる。ここで食べるから美味いんだよなぁ・・・

大体いい感じに焼けたアユを、目の前で「火鉢」に指して焼いてくれるんですよ!

食べて美味しいのはもちろん!目でも楽しめて美味いんです!!!もうジュルジュルッ!?ですわ。

こちらの京亭は佐々紅華(さっさこうか1886年7月15日 – 1961年1月18日)という作曲家、グラフィックデザイナーをされていた方が

1931年(昭和6年)にこちらに住まいとして建てられたそうで、完成するまで5~6年の歳月がかかったそう。

本当はまだ完全には完成していないそうです。

その庭園がこちら

京亭の庭園 京亭の庭園と桜
この時は2回から写真を撮ったのですが、食後は自由に庭園を散歩させてもらえます。

この時期は桜の時期だったので、アユを食べながら庭園では、「桜吹雪」が舞い散る最高の眺めでございました。

京亭から見る鉢形城
向かい側には、鉢形城と言うお城の遺跡があります。

寄居川
絶品の鮎を産む「寄居川」

ちなみに最後は女将さんがメインディッシュの「鮎飯」を目の前で作って出してくれます。

女将さんの神業!超神速のアユの解体!!!」

640x640_rect_20239991
鉄の鍋に美味しそうなご飯と一緒に炊かれたアユちゃんが!
(出典https://tabelog.com/saitama/A1105/A110605/11000249/)

神速の鮎解体
ものの1~2分で神速の解体作業が!速すぎて残像すら見受けられる。
(出典https://tabelog.com/saitama/A1105/A110605/11000249/)

そして、まさに「あっ!」と言う間に解体されてしまった鮎たち。

鮎飯
バラバラにされ綺麗に器に盛られた「鮎飯」

これが絶妙な塩加減と、鉄鍋で出来た「おこげ」でメチャクチャうまいんです!!!

これを求めて、忘れたころにまた食べに来たくなるんですよねぇ・・・

画像を載せたモノ以外にもたくさん料理が出てくるので、食べきれなかった「鮎飯」は容器に入れて持って帰れます。

食べ終わった後は、庭園でボケ~と縁側に座り「桜」を見て帰りました。



京亭の庭と桜
満開の桜。しかも花が落ち始めの時期に来たので、写真では分かりにくいんですが、凄い量の「桜吹雪」が!!!幻想的で美しかった。

<感想、お役たちリンクなど>

とにかく「鮎」がたくさん食べられます!

ちなみに天然の鮎が食べられるのは6月~8月くらいまで、そのほかの時期でも冷凍保存してあるので食べられます。

もちろん「天然アユ」が最高でしたが、他の時期に伺っても全然美味しかったですよ。

季節によって「庭園」が見せる景色も違うのでお勧めです。

長瀞などが近く、周辺に温泉がたくさんあります。

アユ食べて、庭園でぼ~っとして、温泉で癒されてみてはいかがでしょう!!!

「京亭」の「鮎飯」是非食べて見てくださいね!!!

埼玉旅行はこちらもチェック!天然温泉「花和楽の湯」

全国でもたったの5軒!天然かき氷の「阿佐美冷蔵」

神聖な空気と紅葉が美しい「宝登山神社」

口コミも豊富でホテル旅館の検索にお勧めでございます↓




「京亭」

住所 埼玉県大里郡寄居町寄居547

TEL・予約 0485-81-0128

営業時間 11:00~19:00(要予約)

定休日 火曜日(祝日の場合は営業)

お値段   5000円~8000円がおおよそですが、予約の際に大体どのくらいの値段で料理を作るか聞かれます。
5~6000円で普通にお腹いっぱいになると思います!

ちなみに「宿泊」することもできます!「庭園」の夜景を独り占めできますよ!!!

お料理込みで、16000円~ 料理のグレードによって変化するようです。

交通案内

電車の場合

JR八高線、東武東上線、秩父鉄道秩父本線「寄居」駅南口より徒歩9分 寄居駅から大体500メートルくらい

車の場合

関越道「花園」出口から15~20分ほど

食べログ「京亭」

寄居は長瀞などにも近く温泉も多いですよ~「京亭」へ行った後は、近くの温泉など寄ってみてはどうでしょうか???


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする