他人の意見に惑わされない

こんにちは。

今回書こうと思いついたのは、「他人に惑わされない」という事です。

もっとアクセス数稼げる記事を書きたいもんですが、思いついたので書いてみます。

他人の意見に惑わされていませんか?

自分の意思で生きていると言える方が何人いるのでしょうか?

誰しも他人様の意見を参考にすることはあります。

しかし、それを自分なりに試行錯誤して「私はこういう考えをしよう」「こういう風に生きよう」と他人に惑わされずに決定し行動されている方はどのくらい、いらっしゃるのでしょうか?

私はそこまで多く、そういう人を見たことはありません。

先程アクセス数を稼ぎたいなんて言いました。

世の中でブロガーなんて言葉が流行りましたが、私なりに勉強いたしましてこんなブログをやっていますが余程の時間と労力を投資しなければブログで生活費以上のお金を稼ぐなんて無理でしょう・・・

いつもテーマのみで思い付きで書き始めるのですが、ちょうどブログの話をし始めたので丁度良い話題かなと。

ブログについて検索するとこれでもかとわんさか「ブログで稼ぐ方法」やらなんやら、欲望に火のついた人間が見たら飛びつきそうなワードで記事が大量に検索されます。

そうしますと、「こうやったらアクセス上がります」「こうやったら稼げます」などと書いてあり。

「こうやらないとイカンです」「こうやってはイカンです」など・・・どれを信じていいのか分からん遺憾な記事がわんさかです。

確かに一定の効果が望めるのかも知れませんが、私はそんなもんは「クソくらえ」です・・・しかし「クソ」を「〇え」とはなんたる言葉でしょうか・・・

これは、書いている人をディスりたいのではなくて、人まねをしていると自分のやっていることに「クソくらえ」っとなってきてしまいやる気がナッシングになってしまうのです。

そんでもって世の中に溢れている、華美な言葉であふれている「宣伝」やら「記事」やらは、何故存在しているのでしょうか?

大抵は必要のないものを買わせるために、人を行動に駆り立てるようなものがほとんどです。

思った以上に人に何かを投げかける側というのは勉強していますから、「こんな風にするとこんな風に脳みそに作用して、こんな感情を引き起こすな」とか知っているわけです。

男も女もシンメトリーな美男美女は大好物ですから、そういった男女の事ですとか・・・美味しそうなご飯が出てく来るとか・・・保険の宣伝のためには不安を煽るようなものですとか・・・まぁバリエーション豊かに色々あります。

そんでもって私は昔(今もないとは言えない)こういうのにどっぷりハメられていたわけです。

私の場合は特に生きることに対する「不安」を持っていましたので、「こうしたら楽に生きられる」といった内容の本ですとか・・・これを食ったら元気になるですとか・・・もう良いと思われるものを色々試しましたが全くダメでございました。

自分の事は自分で決めてる!なんてイキル奴に限って、頭のいい奴に体よく利用されているわけです。

自分の意思で生きている様に感じさせておくってのも「あやつる側」からすれば「計算の内」「想定内」なわけです・・・あ~嫌だ嫌だ!

それではどうしたらこういった状況を打開できるのでしょうか?

他人からの意見や指図は止められないが、何をするかは自分で決められる

さあ反撃開始ですよ。

自分で生きているつもりが、ある人物の「釈迦の掌」だなんて腹が立ちませんか?

少なくとも私は嫌でしたし、それに気が付いた時のショックといったら気が狂うかと思いました。

今は「そりゃそうだわ、あほ過ぎたんだから致し方なし。」と思えますし、以前よりは自分で考え行動できるようになってきたからでしょう。

では私の取った対策なんですが、それはもうこのサイトのタイトルでもある「勉強すること」です。

見も蓋もないですかね?(笑)

おそらく、自分で考える力をつけるような「教育」を受けた少数の人以外は「自分の意思」なんて持てるわけがないと思います。

一見「頭が良さそう」な人も大抵は「知ってることが多いだけ」「ある程度経験が多いだけ」という事が多いようです。

つまり「勉強」すれば割とすぐに同じ土俵に立てるわけです、「勉強」して得た「知識」がある程度拮抗すれば結構戦えると思います・・・(え?何と戦うの?)

そうした「知識」をいれるような「勉強」はだれでもすぐに取りかかれます。

「知識」という「道具」をいかに使うかといった「勉強」はまた別にあるわけですが・・・(偉そうだなぁ・・・)

「他人に左右される」「他人の意見を鵜呑みにする」ということは「情報の真偽」を判断する「情報」がないという事です。

それから生まれながらに社会の洗脳が染み付いて「世の中に出回っている情報は正しい」言うなれば、「テレビ」「新聞」「本」その他もろもろの「情報」は正しいという観念がしみ込んでいる訳です。

ですので、まずはこのサイトに書いてあることはホンマかいな?と思えばよいと思います。

ネットにある情報の多くが正しいかどうかなんてわかりませんしね。

大抵は体験を通していない空っぽのまとめ記事でしょうし。

これについても「ライター」「バイト」とでも打ってみて下さい。

いくらでもまとめ記事について書くような「アルバイト」がわんさか出てきますよ。

「参考サイトをご紹介しますので簡単にできます」とかうたって・・・思いっきりパクれって言ってるような・・・いや気のせいだろう・・・うむ。

ちょっと書く気力が萎えてきたので今日はこの辺りで・・・中途半端だな・・・しかも今回は分かりにくく書いてしもうた・・・

まとめ

簡単にまとめますと、私の今までの経験から「他人に惑わされず」「自分の意思で何をするか決める」ために一番大切なポイントは・・・

「他人の意見を鵜呑みにしていながら」それを「正常」だと思っている自分の「あたま」を「疑う」ことです。

今まで「当たり前」に「判断」して来たことの積み重ねが「現在の自分」をつくっているわけですので・・・現在の「幸も不幸」も「自己責任」という事です。

「自己責任」であるならば「自分の意思」で「変えられる」・・・かも知れません。

そのためには・・・うーむ・・・なんでしょうねぇ~

それでは今回はこれで終了です。

てか、このまとめ部分だけで良かったんじゃ・・・

sponsored link