高卒で勘当される!!!そこから新しい人生が始まる

こんにちは。いつもブログに目を通してくれる方、初めてお越しの方貴重な時間をありがとうございます。

少しは記事が掛けたので(この時点で15記事くらい)筆者は一体どんなやつなの?ということで、自己紹介と生い立ちをお話したいと思います。

東京都出身の31歳。
現在は体に関する仕事などをフリーでやっております。

新しい人生が始まる!高卒で勘当される!!!

私は高校を卒業した後、高卒で就活し働き始めました。

当時、父親は大学へ行かせてくれようとしていましが、もう学校の「お勉強」はうんざりでして、大変自由のない家庭で常に行動を逐一監視されているような生活でございましたので、「辛抱たまらぁん!」と逃げ出すように出奔いたしました・・・というか「勘当」されました。

「勘当」されて家を出ましたので、着の身着のままで所持金も10万円あるかないか、そして家を借りるにも就職面接するにも拠点となる家はなく、保証人もいない状況でした。

実家を飛び出るまで、厳格な父親の過保護な洗脳教育の中で生きてまいりましたので、何をどうしたものかわかりません。

「こりゃあまずいことになった・・・」と飛び出してから思う心底思うハメになったのでした。(今では良い経験だと笑い話ですが・・・)

「勘当」されるまで自分で「考え」「行動」することがほぼなかった!!!

sponsored link

ため混乱し焦りましたが、ようやく思いついた。派遣のような契約社員で社宅や寮つきであれば、正社員でもないしバイトに毛の生えたようなものだから「勘当」され何も保証してくれる人もいない自分でも、うまくやれば何とか滑り込めるのではと考えました。

今もあるのか工場系の派遣である〇〇総業に面接し、何とか電話越しの母親の承諾のみで通過いたしました。(父がいなかったのでセーフでした・・・その際は面接が緩くて助かりました。)

そして、某、矢沢さんで有名な車会社の工場勤務が決定し、横浜の大黒ふ頭にある工場へ収容され働くことになりました。

そして、他の派遣社員と一つ屋根の下でしたが、なんとか会社借り上げの住宅に滑り込み生活を始めました。

4日ごとに休みを挟み、昼夜逆転のシフトで働きました。今思えば体に悪そうな空気の悪い所でしたが、当時はこれが自由なんだなぁと夜勤で大黒ふ頭の海や夜空を見上げて、少しだけ安らぎを感じるのでした。

工場の日々で徐々に、新しい人生が始まる。

ここでは大体1年ほど働くのですが、一緒に働いていて次の日には突如蒸発する外国人がいたり、なんの説明もなしに突如仕事内容の違う事をやらされてはドヤされたりなど、「ぐぬぬ、バカにしおって!八つ裂きにしてやる!!!あ、う〇こ漏れちゃった・・・」と今でしたら感じることも、世の中を全く知らなかったので「はい。すいません。」と殊勝な青年をやっていました。

居眠りしながらフォークリフトに乗ったおっさん正社員に危うくひき殺されそうになったりなどという貴重な体験もしました。
親切な人も中にはいましたが、どこへ行ってもこんなものなのでしょうか。否、私が良いことないと思っていたから、そんな現実ばかり引き寄せていたのだと思います。

とにかく、行くあてもないし真っ当な就活は当分出来そうもないので、とりあえずクタクタになりつつも自由なだけましと頑張りました。
夜勤明けに帰りの電車で爆睡し、ひざの上載せていたリュックサックに涎の水たまりができたりしました。

そんな光景を見ていた目の前に座っていたおばちゃんが、私を見て笑っていました。

その最中に目を覚ました私と目が合い、気まずくなったのか逃げるように別の車両へ行ってしまったのが印象に残っています・・・懐かしいな。

そんなこんなしている内に、実家に異変が起きたのでした・・・次回へ続きます。

sponsored link

「勘当」についてあとがき
今では両親に対して、高校卒業まで食べさせ育ててくれたことに「これはきっとありがたいことなんだよな。」と思っていますが、まだまだ精神的に未熟ものですので「感謝してます。ありがたやぁぁぁ!」とまでは中々思えません。

読者の方で似たような境遇を過ごされている方がいらっしゃいましたら、気を付けて頂きたいのは、上の話には書きませんでしたが、就職先についても「これは良い。これはダメ。」など親が口を出してくるのです。

出すのは結構なことで、こちらが意にかけなければよいのですが、もし私と同じような境遇でしたら他人の目を意識しないで自分の意思を決めるのは中々難しいと思います。

両親を含め他人(自分以外という意味です。)は親切のつもりであれこれ勝手な事を言いますが(気持ちは分からなくはないですが、こちらの想いは配慮されていませんよね・・・)、相談したわけでもないのに、みなさん言いたい放題言った後には言ったことは忘れてしまって、何もなかったようにこちらを全く気に掛ける素振りもありません。

他人はあなたに好き放題意見を述べますが、絶対に誰一人あなたへの発言に責任は持たないでしょう。

言う事を聞いたあなたは後悔にまみれ後々気が付いたとしてもその「時間」は戻りません。(そもそも他人に対して責任なんて誰もとれないYO!)

究極はすべて自己責任なのですが・・・(ちょっとだけわかりかけてきた感触があります→2017年2月現在)

高卒からさまよましたが、私は幸い25歳あたりで、人生の師匠となる人と出会うことが出来たので、何とか狂った頭と人生を取り戻りしつつあります。

自分が怖いと思っているものは、実際やってみるとたいして怖くなかったりしました。独りで妄想を膨らませ足がすくんでいたのだと気が付きました。

まだまだ染み付いた不幸根性を解消する旅の途中ではございますが、自分を縛るのは自分のみ、この意味を少しだけ実感できるようにはなりました。

次回あたりに書きますが、安定の鬼である「公務員」もやっていましたが、辞めました。

仕事も向いていなければ、苦しむ必要はなくてまた新たに始めれば良い事だと思います。

「なんでこんなに人生上手く行かないだ!ムキーッ!!!あ、う〇・・・」といつも憤慨していた私にとって、心軽く生きられることが一番重要で大切な事だったのです。

それに気が付いてから少しずつですが、人生が変わって来ました。
他人の影響を受けやすい段階では、妨害されぬよう。様々な工夫について他言せず。密かに色々と勉強し行動して来ました。

まずは今自らが続けてしまっている「不幸」を辞めることが大事なことでございます。
気が付けりゃ苦労しないけど・・・

それからあんまりこういうことを考えてばかりだと「ドツボ」にはまるので

こちらの旅の記事でも見て気分転換してはいかがかと↓↓↓・・・一人で旅するのは色々気づかされます。

sponsored link


他にもいろいろアップしてあるのでどうぞ~

パワースポット「鶴岡八幡宮」初詣や結婚式も!

「葛原岡神社」龍神をお参りして恋愛運アップ!!!

恋愛と出世の神様「佐助稲荷神社」

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 脱ひきこもりへ
にほんブログ村

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする