「継続」して「書く」だけ。他人に惑わされないのが大切。

ブログを書き初めて現在3週間が経ちました。

記事数は32記事になりました。

ブログを継続して書くとともに、リライトにも少しずつ取り組みながら書いてます。

ブログ初心者が、「継続」して「書く」ことが出来る様に、気が付いたことを書いていきます。

sponsored link


「継続」の結果が出るのは3か月は掛かる。早くて2か月くらい

私はブログ以外に、ランニングやギターを弾いているんですが、始めたころは酷いもんでした。

ランニングはちょっと走れば息が上がるし、ギターはFのコードが抑えられず苦戦していました。

そして、「中々できる様にならない!腹立つ!!!」「でももうちょっとやってみよう。」

そんな感じでダラダラと続けていたのですが、2~3か月くらいすると段々変化が出てきました。

走るのもペースを上げすぎなければ息は上がらず、Fコードに苦戦していたのが良かったのか、他の簡単なコードは割と簡単に弾けるようになっていました。

最初の段階で諦めてしまえば恐らく、二度とやってみようとは思わなかったと思います。

今はブログを書き始めて三週間ほどです。「継続」できるかどうか大切な時期です。

他人がまぶしく見える。書くことに集中し役立つことだけ検索する。

ブログでも様々な人が「最初の3か月、100記事が一区切り。」だと言っています。

私はついつい初心者向けの色んな情報を検索し続けてしまい、肝心なブログを「継続」して「書く」ことがちょっと辛くなってしまいました。

いつも、凄いなぁと見させてもらっている「イケダハヤト」さんの

「悔しかったら、僕よりたくさんブログ記事書いてみろよ。」って記事とかがあるんですが(このイケハヤさんの記事は初心者をいじめよう

としているわけではありません。多分。)

他にも大量に更新が絶対良いよって書いている方が多いですよね。さっきのイケハヤさんは10記事とか普通に書くらしいですから・・・

これを真に受けてすぐに真似すると初心者は大体嫌になって辞めてしまうんではないでしょうか?

これは例えるなら、ヒョロヒョロの人間がイキナリ100キロのバーベルを上げるようなもの。

私もランニング初期は、3キロ走れば「ぜぇっはぁっ!?」ってしてました。今では5キロは割と楽に走れるようになりました。(現在4か月ほど続いてます。)

ブログを書き続けるにしても、初めは1日に1記事も難しいのではないでしょうか。

嫌な気持ちにならない範囲で、徐々に「継続」して「書く」頭の筋肉を付けることが大切と感じました。

見なければ落ち込まないのに。どうして他人の記事や意見が気になるのか?

工夫しながら「継続」して行けば結果が出る。これは色んな方が言ってるので「そんなことは知ってる。」と私も含めみんなが思うことでえうよね。

じゃあそのポイントは?ということですが、初心者や「継続」して取り組めない人にありがちなのが

既に何年も取り組んでいる人と自分を比べて落込む

もっとひどいと

初心者なのにその道の「プロ」と自分を比べる

ことをしてしまいます。私のランニングやギターも初めはそうでした。
下手くそでも良いんだと、まずは自分を認めてると楽になる

「継続」できない人は、「上手く書けないとイケナイ」とか「他人に笑われたくない。」とか考えてしまうのだと思います。

私も初めはそうでした。余計なことは考えないで集中してできればどんなに楽で早く結果が出ることか・・・

他の記事ですが、「考えない」ことで自分を取り戻すための記事なども書いています。良かったら参考に。

考えない~第一章 「考える」と「脳」が「不安」を生む!

実はたいていの人は「継続」して「書く」力は本来持っているんだと思います。

様々な世間やネットの情報に惑わされず続けて行けば、必ずやってきたことが結果となって表れるはずです。

ブログ界隈で一番大切と言われる「継続」して「書く」こと。

大きなブログを運営されている方は、全員長い間書き続けているよなぁ・・・と思います。

そんな方たちも、記事によっては(ほとんど良い記事か、昔の駄作記事は削除してるだろうけど)そこまで凄い内容ばかりではないと思います。

私もまずは書き続けることによって、「書く」力を上げて気長に気楽にブログを軌道修正しつつやって行きます。

今この瞬間にプロと同じように書ける必要はないと思います。

始めたばかりの我々は、長い目で見て、書き続けて行こうじゃありませんか。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 脱ひきこもりへ
にほんブログ村


sponsored link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする